夏至



夏至の朝

昨夜からの大雨がふっとあがって

キレイな虹が村にかかりました





つくっちゃ暮らす展示会

 

5月26(金)〜28(日)の3日間

三重、亀山は月の庭にてハトエビスつくっちゃ暮らす展示会を開催します

 

今回のテーマはコーヒー

コーヒーって不思議な飲み物

そこにあると人と人とのあいだの緊張がゆるんでほどけて

ついつい話が深くなる

ステキな景色を眺めながらならそれはもう

なんて思いで、コーヒーと出かけたい気持ちで

コーヒー屋台を作りました。

田んぼは今

 

水の張られた田んぼ 

美しい世界

 

 

今年はれんげの種を蒔いておいたのでれんげ畑です。

毎日の散歩で少しずつ花が増えていくのがうれしい

 

田んぼはじめ

 

2017.4.21 今年のお米つくり本格スタート

川につけておいた種もみを引き上げて苗床に種まき

苗つくりがなにせ大切。毎年ひしひし思う。

ご機嫌で育っておくれかわいこちゃん。

 

びわ

 

 

 

 

 

屋久島の枇杷 友人のご両親が育てる無農薬の貴重な枇杷をお取り寄せ

枇杷といえば小学生の頃 下校のときに通学路に成っていたのを失敬して食べて帰った思い出。

なのでわざわざ買うというイメージがなかった ところが 以前その友人からひとつもらってびっくり

瑞々しさと上品で豊かな甘さに枇杷のイメージはガラリと変わりそれ以来忘れられない味に

そのおいしさに我が家の一歳児は「びわ」という言葉を覚え「びわたべるか」といえば泣き止むように(笑)

愛情たっぷりの枇杷 そのほとんどを娘が食べました

 

 

 

 

 

 

 

 

フォトジェニックな彼女

先日出店した京都・安楽寺の地蔵縁日

おかっぱ頭がとびきりキュートな彼女に出会いました

本当は会うのは2度目 前回はお母さんにだっこされてまだあんよの前だったな〜

すっかり大きくなっててびっくり

のったかのきのこスツールに腰掛けたところを パシャリ 素敵な表情いただきました 

 

 

 

薪ひろい

 

春が来たよ〜と喜んだのも束の間

そろそろ今年の冬の準備をはじめねば落ち着いて春を楽しめません。

今日は市内の栗園にストーブの薪用に剪定枝をもらいに行ってきました

 

去年はおんぶだった子も今年は枝の運搬お手伝い

 

春の始めに毎年お邪魔するこちらの栗園

栗の木のためにとても日当たりの良い場所に立地しているのですが

晴れた日にお邪魔するとぽっかぽかで温泉にでも浸かっているような

うっとりしあわせな気分。

栗の木もとても丁寧に愛情たっぷりに育てられていてその波動も

優しく伝わってきます。

 

栗の枝はストーブで薪として燃やして暖を取り

燃えたあとの灰は器の釉薬の大切な原料になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お弁当

 

最近は朝の家の事が済んだらささっと工房へ行ってそこで朝ごはんが定着してきました

朝ごはんは昼用の弁当を少し早弁するスタイルで弁当の量はそれを計算してご飯も

多めに入れていきます。

 

今日の弁当は

昨日の残りのおにぎりがあったのでお弁当のご飯の上にのせてみました

工房に行って子の機嫌がよければそのまま仕事をしますがそれはとてもまれなので

まずは子と一緒に朝ごはん。子の腹と気持ちを落ち着かせ私もおにぎりとおかずで軽く朝ごはん。

それから少し仕事して12時すぎに今度は下のご飯をおかずと食べて

おにぎりなら食べ過ぎて昼の分がなくなった(泣)が防げる〜

意外によいシステムです。

 

工房弁当 気に入っています。

 

 

 

 

 

2017.2.26

 

 

最初ひとりで通っていた家から歩いて30秒のこの工房。

子が産まれてから子連れで通っていたけどこれが仕事は全く進まず、1日1時間できればまし。な日々。

保育園のことも考えたけどそれはもう少し先延ばしにして、今年から夫・のったかもこの工房に通うことに。

作業机を持って引っ越してきてくれた。今は3人、弁当持って通う日々。

これがけっこうたのしい。子はどちらか相手できる方がみる。ひとりで遊んでいる時間も増えてきたぞ。

仕事も(まえよりは)はかどります。

いいことたくさん。

 

いろいろ動き出しているぞ2017。

ブログもまた始めてみます。